「三十路先輩」

 

 最近、ある一定数の女性が「わたしなんてもうBBAですよ〜〜〜」と言っているのを耳にします。この発言をするのは大抵around25の女性です。何故かこの年頃になると、大人ぶりたくなるようです。わたしもかつてはそうでした。同年代の友人と「そろそろ落ち着かないとね」とか、「来年の今頃、何やってるんだろうね」とか言いながらちょっと小粋なバルでサングリアなどを飲んだものです。

 時は流れ、三十路に足を踏み入れた頃。わたしたちは一切そういった類のネタは話さなくなりました。もはや口に出すと呪いで死ぬかの如く、BBAという単語を言わなくなったのです。落ち着くと予想していたファッションは過激化するばかり、生活もあの頃以上にめまぐるしい日々です。友人の子供にだって、決して「おばさん」なんて呼ばせません。あくまで「お姉さん」というポジションを死守します。

 三十路って意外と悪くないものです。アラサーではなく、三十路になった途端、周囲からは「絶対、三十路に見えない!」とか、「相変わらず尖ってるね!」と褒められる機会が増えました。男性からの反応も悪くない。あれ?三十路って意外と悪いばかりでもなくない?みたいな気分です。

 わたしが三十路でつらいな、と感じるのは、「もうキャバクラでは働けないな……」とか、「さすがに潰しが効かねぇな」とか「何故か被写体の応募規約に三十歳までって書いてあるんですけど〜〜〜!!」ってときくらいのものです。

 何も変わっていない、と言えばそれは嘘になるでしょう。ある日突然、鏡の中の自分の頬にシミを見つけたとき、美容師さんに「白髪がたまにありますねぇ」と言われたとき、地下鉄の窓に映る自分のゴルゴラインと法令線をみつけ絶句したとき……

 まぁ、でもそんなものは些末ことです。シミは気になったらレーザーで取れば良いし、白髪なんて染めればグッバイ、ゴルゴラインと法令線はフォトショップで消せば良いのです。周囲に白い目で見られようが好きなファッションを(似合う限りは)続ければ良いと思います。鍛えてあるならばへそ出しファッションもどんどんやれば良いと思うし、ツインテールだってまだまだ続けます。傾向と対策さえ掴めば無理に自分のポリシーを無理に曲げる必要はないと思います。

先日、ある男性から「いま、流行ってるんだぜ?BBAだからこんなことも知らねぇの?」と罵られました。片手に持っていたZIMAで殴ろうかと思いましたが、なんとか耐えました。こういう若い女性崇拝の男性は話してもろくなことがないし、超絶つまらない人間なのでスルーしましょう。きっとそいつはいずれハゲて若いギャルから「超キモイんだけど」と嘲笑われることになるでしょう。若さにしか魅力を感じない男性は、性的に未熟なのだと思います。きっとそいつはセックスが下手。

三十路になっても安い居酒屋に入るし、ライブで大暴れするし、クラブで朝まで飲み明かします。それの何が悪いっていうんだ!?

 ですので、悩めるunder30の皆様、三十路に対する恐怖感を綺麗さっぱり捨てましょう。自分のことをBBAなどと言って自虐するのはおやめなさい。年齢と美しさは反比例しません。共に三十路という険しい道を歩もうではありませんか。わたしは止まりません、一生尖り続けようと思います。可愛いおばちゃんになんてなってたまるか!!「月刊ロリババア」というBBAを掲げたウェブマガジンではありますが、わたしたちは決してBBAではありません!!立ち上がりましょう、時に傷つき心を痛めるときがあっても、自分の矜持を守り抜くのです!!



inserted by FC2 system